2010年9月 1日 (水)

9月17日のアーネムの戦い記念日にちなんで「アーネムの橋」特集

9月17日のアーネムの戦いの記念日がまた近づいてきました.

偶然この時期にオランダ勤務の古い友人に映画「遠すぎた橋」を紹介する機会があり,ついでに「WWW講談:アーネムの橋」を宣伝しておこうとウェブ上を行ったり来たりしていたら,最近は橋を訪ねる日本人も増えたようで,たくさんブログの記事が見つかりました.その主なものを記録しておきます:

アーネム 遠すぎた橋 (2010/07/23)
http://oranda.blog61.fc2.com/blog-entry-556.html 
そらのおらんだ通信ひとりごとブログから.「アーネムの橋」をどうしても見たかったお父さんを戸惑いつつ案内するオランダ在住のそらさん.

アーネム Arnhem 『遠すぎた橋』の街 (2007/12/02)
http://4travel.jp/traveler/shinesuni/album/10039949/
shinesuniさんの旅行ブログから.旅行の実用情報と写真が豊富.1996年05月21日の訪問? 実用情報の方はそれより新しそう.

同じく4travel.jpの砂布巾さんのブログから
マーケット・ガーデン作戦 1944年9月17日(2007/09/17)
http://4travel.jp/traveler/snafkins-lifework/album/10181230/
写真が29枚も.2005年03月19日~03月20日の旅.

映画「遠すぎた橋/A bridge too far」の舞台,アーネム/Arnhemを訪ねて (2005/04/14)
http://blogs.yahoo.co.jp/het_mozaiek/1443758.html
調査隊,オランダを行くから.映画と史跡の紹介を写真入りで.

遠すぎた橋 (1977)  (2007/09/17)
http://pia-eigaseikatsu.jp/com/3231/289236/
は,ぴあ映画生活.映画に関連するエピソード等.

ついでに私のこのブログの関連記事は:

Arnhem (2006/05/29)
http://yasuaki-kobashi.cocolog-nifty.com/nedlog/2006/05/arnhem.html
 アーネムの橋について

アーネム戦最後の日 (2006/09/26)
http://yasuaki-kobashi.cocolog-nifty.com/nedlog/2006/09/post_f61b.html
 オードリー・ヘップバーンとアーネム戦

アーネムの戦いから64年 (2008/09/18)
http://yasuaki-kobashi.cocolog-nifty.com/nedlog/2008/09/64-02c8.html
 この年は記念日の直前アーネムに居たので.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

アーネムの戦いから64年

今日9月17日はまた巡ってきたアーネムの戦いの記念日.先週先々週滞在していたアーネムではあちこちに空挺部隊のペガサスの旗がひるがえっていたし,本屋の陳列窓にアーネム戦関連の本がならんでいました.

6日にはOosterbeekの記念行進(Aibourne Wandeltocht)も無事終了.この日は別の場所で家族のダイヤモンド婚を祝う会があったのだけれど,会場まで運んでくれる約束のオースターベークの人たちが人混みに足止めされて遅れてくる始末.結局間に合ったのでいいけど.

11日のサイクリングでは降下地点の一つ Wolfheze 付近を通過.ここには有名な精神病治療施設があるのだけれど,映画「遠すぎた橋」では,ショーン・コネリー演ずる英第1空挺師団長のロバート・アーカート少将が施設からさまよい出てきた患者たちを見て,彼らと我々,正常なのはどちらだろうとつぶやくシーンがありました.

0809111354

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

oranjerie

オランジェリ

0809101516    0809101505_2

 

大きな桶に植えたオレンジなどの南国原産の木(kuipplant)を冬の間保管しておく場所がオランジェリ(oranjerie)です.どうしても暗い感じになるヨーロッパの城館の中でいちばん燦々と光を浴びる場所になるせいか,オランダの城館のオランジェリには見学者用の喫茶室になっているものが.私はオランジェリという言葉の語感が好き.

これは Kasteel Middachten (Rheden, Gelderland) のオランジェリ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

アムステルダム:世界を代表する自転車都市

財団法人シマノ・サイクル開発センターが提供する自転車博物館「自転車のまちづくり」を目指してコーナーから,

  1. アムステルダム:世界を代表する自転車都市
  2. 中村博司氏のエッセイ,ヨーロッパ自転車ライフ-オランダの自転車通勤奨励策、ドイツの自転車旅行.2004年秋の訪問時の見聞から.

                                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

スキポール空港のサインはFrutiger

フォントブログ: Frutigerづくし!アムステルダム・スキポール空港のサイン.

[ コラム ] オランダへ旅行してきたので、アムステルダム・スキポール空港のサインデザインの写真を一挙紹介。書体はご存知、見やすさ&美しさで定評のある“Frutiger”です。

アムステルダムのスキポール国際空港ではそこに立っただけでどこに行けばいいかたちどころにわかると言われています.この思い切って大きな表示がいいのかもしれない.大きな文字と小さな文字とメリハリをつけているし.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

デルフトのフェルメール・センター閉館

オランダのフェルメール・センターが閉館 [掲載日:2007/10/04]  オランダ政府観光局によると、2007年4月、デルフトに開館した「フェルメール・センター」が、このほど閉館した。詳細については不明だ。

出所: 旅行業界 最新情報 トラベルビジョン-ニュース.

その他関連:

フェルメールセンター警備を要請
Vermeercentrum vraagt bewaking
AD.nl 2007/09/18

フェルメールセンター開館5ヶ月にして破産
Vermeercentrum na vijf maanden failliet
AD.nl 2007/09/20

フェルメールセンター存続を求める新財団設立
Nieuwe stichting voor behoud Vermeercentrum
AD.nl 2007/10/04

公式サイト:Het Vermeercentrum, Delft

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

Google地図に表示されない場所

ブログLieve Trinitaにはオランダの町の航空写真を解説つきで紹介しているセクションがあります.その中で南ホーラント州Ouddorpにはモザイクで消された部分があるのだけれど...

そこに何があるのかの答はこちら:

goedZO.com?! - Kritisch maar rechtvaardig - Google Earth: Verboden plekken in Nederland.

Na de grote update van Google Earth is heel Nederland in hoge resolutie te bekijken. Veel satellietbeelden lijken volgens NRC gemaakt te zijn tijdens een zonnige winterochtend in 2006. Maar niet ieder plekje in Nederland is te zien. Militaire en strategische objecten zijn op last van de MIVD (de militiaire inlichtingendienst) door Google onherkenbaar gemaakt.

2006年の大規模な更新後オランダ全土のGoogle地図の精細度が上がりましたが,軍事的戦略的に重要な場所はモザイクがかけられています.この記事にまとめられているのはそうした「禁じられた場所」のリスト.

アウトドルプの場合はエシュロンの基地(傍受局?)だとか.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

Sint-Maarten 聖マルチヌス(祭)

シントマールテン

これで聖人マルチヌス(セント・マーティン,サン・マルタン)とその祭日の両方を意味するようです.11月11日のこの日,オランダの地方によっては子供たちがグループを作って家から家をまわり,戸口で歌を歌って,キャンデーなどをもらって帰るという風習があります.12月5日のシンタクラース祭に次ぐ重要な(子供の)お祭りだそうです. フランドルのある地方ではシンタクラース祭の風習がシントマールテン祭の中で先取りされていて,12月5日ではなく11月11日にシントマールテンがプレゼントを配って歩く.

  1. 詳しくはオランダへのキーワード AからZまでSint Maartenの項をどうぞ.
  2. ユトレヒトから帰国されたモザイクさんのYahoo!ブログ「調査隊,オランダを行く」から「シント・マールテンのお祭り/Sint-Maarten (feest) 」.2005年のシントマールテン祭の写真が載っています.
  3. シントマールテンの行列にはランタンがつきものだけど,そういえばルシア祭も光の祭だ.

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年8月24日 (木)

フローニンゲン州を紹介する日本語サイト

オランダ、フローニンゲン州を紹介するサイト「トランキール」

「トランキール」は、オランダのフローニンゲン州を、過去から現在、メグレ刑事からハーレーデーまで、幅広く紹介するサイトです。フローニンゲンの歴史、文化、イベント、アート、又身近なニュースを随時、更には「メグレの誕生」のような読み物として楽しめる物語も、フローニンゲンに関わるテーマで「特集記事」として時々、皆さんにお送りします。(同サイトから)

州都フローニンゲンまで観光で行く人はいても,この州の中をあちこと巡り歩く日本人は少ないかもしれません.お住まいのデルフザイルを拠点にフローニンゲン州の地理,歴史,文化全般にわたって深く掘り下げた紹介をされています.また,デルフザイルと姉妹都市関係にある周南市の市民との交流に関する記事もあります.

この機会に「日本(語)のオランダ」日蘭姉妹都市のページからもこのサイトにリンクすることにしました.デルフザイル以外の姉妹都市についてもこのくらい充実したサイトができることを期待しています.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

みんなで作ろうGPS自転車マップ

ITmedia News [アムステルダム 12日 ロイター]
オランダのサイクリスト、Wiki的手法でGPS自転車マップを作成.

自転車普及率が国民1人当たり1台以上と言われるオランダで、有志らが自転車専用のデジタルルートマップを作成した。Wikipediaに触発され、コラボレーティブなアプローチで取り組んだ。
(ロイター) 2006年07月13日 15時07分 更新

オランダの自転車連盟ENFBが自転車用としては初めてのドアツードアのルートマップを完成させたというニュース.確かにオランダでは自転車専用の車線や道路が何千本もあって,.サイクリスト専用の地図も販売されています.でもそれはカーナビのようなルート案内デバイスではカバーされていなかったらしい.

現在までに完成しているのはユトレヒト州中心部のすべての道路と自転車車線の地図だとのこと.

こういうみんなで作るという手法は日本でもできるといいですね.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧