2012年10月19日 (金)

Sylvia KristelとWilleke van Ammelrooy

良くも悪くもオランダの代表的映画女優で最も国際的に活躍したひとりであるシルヴィア・クリステル(Sylvia Kristel)が60歳で亡くなった。ご冥福をお祈りします。
Actrice Sylvia Kristel (60) overleden – ‘voor altijd Emmanuelle’nrc.nl
「エマニエル夫人」のS・クリステルさん、死去 AFPBB News

 

何回か訪日していて、オランダメディアのインタビューに、日本ではちゃんとした女優として敬意をもって迎えてもらえるのにオランダでは、みたいな発言をしていたのを読んだ記憶があります。

 

「処女作」のFrank en Eva (1973)は「処女シルビア・クリステル/初体験」 というトンデモな邦題で公開されましたが、役名が本名と同じSylviaのクリステルは脇役。

 

それぞれに浮気をしたり家出をしたり偽自殺未遂があったりの今どき夫婦(当時)を扱ったこの映画"Frank en Eva" はその内容より「LAT関係(Latrelatie)」あるいは単に「LAT」という言葉を生んだ映画として記憶されることになるのかもしれません。LATは"Living Apart Together"の略で、結婚はせず同棲もしていないが一夫一婦的な生活をしている関係を指すオランダ製英語の新表現だったらしい。"Living Apart Together"は"Frank en Eva"の英語圏用タイトルでもあります。

 

ところがこの映画ではちゃんと結婚している夫婦がついたり離れたりするわけなの"Living Together Falling Apart" のほうがいいくらい。

 

主人公の妻Evaを演じたウィレケ・ファンアマーローイ(Willeke van Ammelrooy)は1944年生まれでクリステルより8つ年上。これも彼女が主演してアカデミー外国映画賞を受賞したAntonia (1995)は日本でも「アントニアの食卓」としてビデオが出ていましたが、2012年のオランダ映画祭で黄金の仔牛文化賞を受賞したとつい先月報道されていました。
http://nl.wikipedia.org/wiki/Willeke_van_Ammelrooy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

カタライン尼僧院博物館のカタログがウェブ化

先月,ユトレヒトのカタライン尼僧院博物館(Museum Catharijneconvent)の全収蔵品を納めたカタログがウェブ上で閲覧できるようになりました.

http://adlib.catharijneconvent.nl/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

Trijntje Oosterhuis

トレインチャという日本人には奇妙な響きの名前とAmazonのレビューにあったオランダが誇る国民的シンガー(EMI Music Japan),Trainchaと英訳(?)されているようですが,オランダ語のフルネームはJudith Katrijntje Oosterhuis(ユディット・カトラインチェ・オースターハイス).これは普通の名前だ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

Fading Borders展のオープニング

Mail

今晩9時過ぎまで渋谷でルシエンヌ・ファンデルマイレさんの写真展「消えゆく境界線」のオープニングパーティがありました.展示されている20点のポートレートの被写体になったオランダ人(オランダ大使もそのひとり)と日本人をはじめ会場のギャラリーはぎゅうぎゅうずめ.日本でのパーティーには珍しくおしゃべりにもりあがって2時間があっという間に過ぎました。

去年の秋からライデンで開かれていたFading Borders展の東京での開催は2010年4月6日(火)から18日(日)で,月曜日は休館.11時から19時まで.最終日は16時まで.会場は渋谷駅近くのギャラリー・ルデコ(Gallery Le Deco) 03-5485-5188

作品の全貌は公式サイトに: http://www.fadingborders.nl/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月13日 (水)

Lucienne van der Mijle

アムステルダムの写真家,ファンデルマイレさんがポートレートを撮りにうちに来てくれたのはもうひと月近くも前の4月18日でした.

暑い日で,機材の入ったバッグを引きずって駅からうちまで歩いたあとは汗だく.でも仕事はちゃんとこなして,ポートレート撮影の苦労話もいろいろしてくれた.

彼女のサイトのポートフォリオに Fading Borders というセクションがあります.そこにある髪に箸を挿した(オランダ人の)女性とフォークを挿した(日本人の)女性の並んでいる写真,これを見て怒る日本人もいるらしい.妙なキモノに簪のつもりか箸を何本も挿した女性の写真は西欧の雑誌にはいくらでもある.彼女の写真は僕にはそういったクリシェ的な表現を皮肉った作品に見えるのだけれど.

続きを読む "Lucienne van der Mijle"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年3月 7日 (金)

オランダ広告の150年

Highlights - 150 years of advertising in the Netherlands.

These highlights, selected because of their special historical value or great visual quality, offer a nice taste of the collection.

王立図書館(KB)の "The memory of the Netherlands" サイトより.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

ドイツ発アムス中央駅のポスター

アムステルダム中央駅のカワイイPoster @Yahoo!ブログ - anemoneの「棚からBerlin、Braunschweig」.

見ての通りこれは連作です。 オランダ語なんで、なんて書いてあるかはわかりませんが、下の黄色部になってる『LEKKER』はドイツ語の『Lecker』のようなので、もしかしたら『美味しい』と言う意味かもしれません。

 色使いもVIVIDでカワイイし、キャラもカワイイ。
 背景も『赤・青・黄色』になってて、キッチュ。
 ワケもなく『オランダっぽい』と思って写真。

上記はドイツ在住anemoneさんのブログから.

ちょっと戦前のポスターを彷彿とさせるレトロチックな,でも新しくもある,面白いポスター.コピーが気が利いています.

共通テーマは "LEKKER OP HET STATION"
(「駅で美味しい」,ただしlekkerにはもっと一般的に快いという意味もあるので,「駅だと快適」と解してもいいかも)

(1)サンドイッチを食べる男性
BROODJE
PRECIES OP TIJD

サンドイッチ
時間どおり
(broodje ham はハムサンド.BROODJE PRECIES OP TIJDには「時間どおりサンド」,という響きが.食べたいときにいいタイミングで,という感じと,列車が定刻通りに発着するという感じが重なり合っている言葉遊び.以下も同様)

(2)フリット(ポテトフライ)を持つ女性
FRIET MET
ZONDER VERTRAGING

ソースつきフリット
遅れなし
(met=英語のwithとzonder=英語のwithoutは対になっている."friet met"はマヨネーズやケチャップのかかったフリット, "friet zonder"はフリットだけ.「遅れなし」はもちろん駅の発着表示によく見る表現)

(3)買い物かごを持つ女性
WINKELEN
IN SNELTREINVAAR(T?)

ショッピング
急行のスピードで
(だと思う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

日蘭通商400周年

Four centuries of Japanese-Dutch trade relations - News.

Calender of Events, updated 21 January 2008

Events organised by various parties in the commemorative years 2008/2009.
The Steering Committee 2008/2009 does not have the financial means or the authority to approve or reject events.
It does however, reserve the right to subject proposed events to an evaluation to ensure they meet the requirements necessary to be included in the 'Calender of Events'.

ついこの間リーフデ号の来訪を記念する日蘭友好400周年を祝ったような気がしていたのに月日の経つのは早いもの,こんどは日蘭修好通商条約締結150周年(2008)と徳川家康による日蘭貿易開始400周年(2009)の記念で日本オランダ年2008-2009,だそうです.

上記のサイトはオランダ側の運営委員会のもののようですが,関連の行事を承認したり拒否したりする資金も権限もないが,提案された行事を評価し必要条件を充たしているものを公式行事カレンダーに載せると宣言しています.

関連サイト

  1. オランダ政府観光局のお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

ベアトリクス女王の写真集

nrc.nl - Kunst & Film - Fotoserie Beatrix.

昨日70歳の誕生日を迎えられたベアトリクス女王の写真集です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

gezelschapsspel ゲーム

Gezelschapsspel - Wikipedia.

Een gezelschapsspel is een spel dat wordt gespeeld voor de gezelligheid, om met bekenden en familie de tijd te verdrijven. Vaak zijn dit bordspelen (zoals Monopoly), maar ook sjoelen en sommige kaartspelen worden als gezelschapsspel aangemerkt. Omdat het bij een gezelschapsspel om de gezelligheid gaat, wordt er niet om een prijs of inzet gespeeld.

ヘゼルスハップススペルはヘゼリッヒハイトを目的として仲間や家族で時を過ごすためのゲームである.多くは(モノポリーのような)ボードゲームだが,シューレンやある種のトランプゲームなどもあてはまる.ヘゼルスハップススペルで肝心なのはヘゼリッヒハイトであるから,賞品や賭のために行うのではない.

ヘゼルスハップススペル(あえて訳せばパーティーゲームですかね)はクリスマスやそのほかの機会に家族や仲間で集まって遊ぶゲーム一般のこと.スクラブルやメモリーもこの一種です.訳しづらいヘゼリッヒハイトのためのゲーム.逆にここからヘゼリッヒハイトの意味が覗けるかもしれない.

日本ではビデオゲームのような一人遊びがさかんになるまでは「ゲーム」といえばこのことを指していたような気がします.

オランダでは冬の夜が寒く長いせいかこうしたゲームがさかんなのですが,ここでもビデオゲームやインターネットにお客を奪われている傾向はあるみたい.それでも愛好者のクラブなんかも沢山あるので,現地でオランダ語を自然に学びたい人には良い機会かもしれません.

「日本語のオランダ」の「オランダへのキーワード AからZまで」から "gezelschapsspel" の項

| | コメント (0) | トラックバック (1)