2011年1月 2日 (日)

カタライン尼僧院博物館のカタログがウェブ化

先月,ユトレヒトのカタライン尼僧院博物館(Museum Catharijneconvent)の全収蔵品を納めたカタログがウェブ上で閲覧できるようになりました.

http://adlib.catharijneconvent.nl/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

9月17日のアーネムの戦い記念日にちなんで「アーネムの橋」特集

9月17日のアーネムの戦いの記念日がまた近づいてきました.

偶然この時期にオランダ勤務の古い友人に映画「遠すぎた橋」を紹介する機会があり,ついでに「WWW講談:アーネムの橋」を宣伝しておこうとウェブ上を行ったり来たりしていたら,最近は橋を訪ねる日本人も増えたようで,たくさんブログの記事が見つかりました.その主なものを記録しておきます:

アーネム 遠すぎた橋 (2010/07/23)
http://oranda.blog61.fc2.com/blog-entry-556.html 
そらのおらんだ通信ひとりごとブログから.「アーネムの橋」をどうしても見たかったお父さんを戸惑いつつ案内するオランダ在住のそらさん.

アーネム Arnhem 『遠すぎた橋』の街 (2007/12/02)
http://4travel.jp/traveler/shinesuni/album/10039949/
shinesuniさんの旅行ブログから.旅行の実用情報と写真が豊富.1996年05月21日の訪問? 実用情報の方はそれより新しそう.

同じく4travel.jpの砂布巾さんのブログから
マーケット・ガーデン作戦 1944年9月17日(2007/09/17)
http://4travel.jp/traveler/snafkins-lifework/album/10181230/
写真が29枚も.2005年03月19日~03月20日の旅.

映画「遠すぎた橋/A bridge too far」の舞台,アーネム/Arnhemを訪ねて (2005/04/14)
http://blogs.yahoo.co.jp/het_mozaiek/1443758.html
調査隊,オランダを行くから.映画と史跡の紹介を写真入りで.

遠すぎた橋 (1977)  (2007/09/17)
http://pia-eigaseikatsu.jp/com/3231/289236/
は,ぴあ映画生活.映画に関連するエピソード等.

ついでに私のこのブログの関連記事は:

Arnhem (2006/05/29)
http://yasuaki-kobashi.cocolog-nifty.com/nedlog/2006/05/arnhem.html
 アーネムの橋について

アーネム戦最後の日 (2006/09/26)
http://yasuaki-kobashi.cocolog-nifty.com/nedlog/2006/09/post_f61b.html
 オードリー・ヘップバーンとアーネム戦

アーネムの戦いから64年 (2008/09/18)
http://yasuaki-kobashi.cocolog-nifty.com/nedlog/2008/09/64-02c8.html
 この年は記念日の直前アーネムに居たので.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

オランダが日本に宣戦布告した日

Gerard's WOII blogはオランダ側から見た第二次世界大戦中の出来事を Gerard de Boer氏が独自の観点でまとめたもの.当時の新聞記事の切り抜きがたくさん掲載されています.

真珠湾攻撃の翌日の1941年12月8日,ロンドンに亡命中のオランダ政府はさっさと日本に宣戦布告してしまった.日本側は最初のうち,オランダは敵と見なさないなどと言っているのだけれど,オランダ植民地軍がシンガポールの防衛に駆けつけたり,オランダの潜水艦が日本の輸送船を攻撃するといった事件を経て,19日ついにボルネオ島を爆撃する.

De Nederlandse oorlogsverklaring aan Japan (1941) という記事にはそのあたりの様子が描かれています.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

Lucienne van der Mijle

アムステルダムの写真家,ファンデルマイレさんがポートレートを撮りにうちに来てくれたのはもうひと月近くも前の4月18日でした.

暑い日で,機材の入ったバッグを引きずって駅からうちまで歩いたあとは汗だく.でも仕事はちゃんとこなして,ポートレート撮影の苦労話もいろいろしてくれた.

彼女のサイトのポートフォリオに Fading Borders というセクションがあります.そこにある髪に箸を挿した(オランダ人の)女性とフォークを挿した(日本人の)女性の並んでいる写真,これを見て怒る日本人もいるらしい.妙なキモノに簪のつもりか箸を何本も挿した女性の写真は西欧の雑誌にはいくらでもある.彼女の写真は僕にはそういったクリシェ的な表現を皮肉った作品に見えるのだけれど.

続きを読む "Lucienne van der Mijle"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年10月31日 (金)

Monderman model モンデルマン・モデル

日本(語)のオランダ」の「オランダへのキーワード AからZまで」に「モンデルマン・モデル」を加えました.

フリースラント州で道路交通安全の責任者を永年勤めてきたハンス・モンデルマン氏(1945-2008)が100以上の場所で試みてきた交通安全施策とその方法論の総称です.2003年ごろからはイギリスの交通研究者によって「共有空間」という言葉も使われるようになりました.

ドイツのボームテの事例が2007年9月に日本でも大きく報道されました.福島大学人間発達文化学類住居学研究室の阿部成治さんの「すまい」と「まちづくり」を考えるページに「信号や標識のないまちづくり」として詳しく紹介されています.(福島大学!,附属中学校に講演に行ったことがあるので懐かしい)

日本人と同じように規則の大好きなドイツ人が,規則や標識を減らす傾向を持つ共有空間プロジェクトに参加すること自体が意外とも言え,成り行きが注目されます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

ダイクストラのニューズレター

構造化プログラミングの提唱者として知られるオランダ生まれの情報工学者 E.W.Dijkstra (1930-2002)の多くは未公刊の原稿を集めた保存庫がテキサス大学のサイトにあって,昔のタイプライターで打ったオランダ語や英語の手紙やメモや論文が公開されています.

彼の公刊論文もこういうメモや手紙から発展していったのだそうだけど,ダイクストラ先生はその一つ一つにEWD215といった通し番号を振り,研究仲間に郵便で送っていた.もちろん電子メールなどない時代の話.それをもらった友人がまたコピーを作ってさらに回覧したので,何千部も出まわっていた文書もあるのだというのだけれど,ほとんどはいわゆる学術雑誌に発表されていない彼の文章をこうやってPDFにして一般公開してくれているのはありがたい.

いまそのPDF化されたタイプ原稿を見てみると,いくつかの文書のオランダ語のフォントは昔アムステルダムの研究所でさんざん見ていたフォントと同じで懐かしい.残念ながら僕はダイクストラ先生のニューズレターをもらったことがないのだけれど,おそらく彼の例に倣ったのであろう,やはりオランダから合衆国に移住したコンピュータ科学者のメーリングリストには入っています.

もっとも手紙の形で研究成果を発表したのはベルヌーイもそうならデカルトもそうだ.手紙をまた何部も筆写してはあちこちに送った友人達もそのころはいた.学術雑誌と一般雑誌は雑誌という形は似ているようで起源が全く違うのではないかと思うことがあります.おそらく一般雑誌の起源は新聞で,研究者が研究の成果やその他もろもろのことを書いて自発的に回覧していた手紙が学術雑誌の起源ではないでしょうか.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月13日 (木)

高齢者を守るカンガルー住宅

Kangoeroewoning

Nederland vergrijsd, het aantal ouderen neemt toe. Daarmee zal de komende jaren de vraag naar woningen voor ouderen al dan niet inclusief zorg stijgen. Daarnaast nemen de laatste tijd de klachten over slechte zorg in verzorgings- en verpleeghuizen flink toe. Redenen om te zoeken naar realistische alternatieven voor ouderenhuisvesting. Een van die alternatieven is de zogeheten kangoeroewoning.

オランダは高齢化し,高齢者の数が増加しています.そこで今後は介護つきであるにせよそうでないにせよ,高齢者向けの住宅への需要が高まるでしょう.加えて最近老人ホームや介護老人福祉施設のケアの質の悪さへの苦情が大きく増加しています.現実的にその代わりになるような高齢者向け住居をさがす理由は十分あるのです.そうした代替案のひとつがいわゆるカンガルー住宅です.

カンガルー住宅とは,カンガルーがお腹に赤ちゃんを入れて守るように,高齢者(などのお世話が必要な家族)を保護する目的の日本でいう二世代住宅の一種.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

オランダ広告の150年

Highlights - 150 years of advertising in the Netherlands.

These highlights, selected because of their special historical value or great visual quality, offer a nice taste of the collection.

王立図書館(KB)の "The memory of the Netherlands" サイトより.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

日蘭通商400周年

Four centuries of Japanese-Dutch trade relations - News.

Calender of Events, updated 21 January 2008

Events organised by various parties in the commemorative years 2008/2009.
The Steering Committee 2008/2009 does not have the financial means or the authority to approve or reject events.
It does however, reserve the right to subject proposed events to an evaluation to ensure they meet the requirements necessary to be included in the 'Calender of Events'.

ついこの間リーフデ号の来訪を記念する日蘭友好400周年を祝ったような気がしていたのに月日の経つのは早いもの,こんどは日蘭修好通商条約締結150周年(2008)と徳川家康による日蘭貿易開始400周年(2009)の記念で日本オランダ年2008-2009,だそうです.

上記のサイトはオランダ側の運営委員会のもののようですが,関連の行事を承認したり拒否したりする資金も権限もないが,提案された行事を評価し必要条件を充たしているものを公式行事カレンダーに載せると宣言しています.

関連サイト

  1. オランダ政府観光局のお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アムステルダム:世界を代表する自転車都市

財団法人シマノ・サイクル開発センターが提供する自転車博物館「自転車のまちづくり」を目指してコーナーから,

  1. アムステルダム:世界を代表する自転車都市
  2. 中村博司氏のエッセイ,ヨーロッパ自転車ライフ-オランダの自転車通勤奨励策、ドイツの自転車旅行.2004年秋の訪問時の見聞から.

                                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)