« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月 7日 (水)

ついに決勝戦出場

日本時間の今朝未明,オランダはウルグアイに勝ってワールドカップサッカーの決勝戦出場を決めました.その対戦相手ももう数時間すればわかるわけですが,さっきオランダからかかってきた電話によれば,決勝戦の結果に関わりなくオラニエチームの決勝出場を祝う準備がアムステルダムで整えられつつあるらしい.

これはなかなか賢いやり方で,なにしろ悪くすればあのドイツと戦うことになり,さらに運が悪ければあのドイツに負けて帰ってくるわけだから,優勝を条件にしてしまうとそのトラウマはかなり大きなものになりそう.勝ち負けに関わりなく決勝出場を祝うことにしておけば,その後の生活はどうころんでも耐え難いものにはならないはず.

今回のオランダ代表チーム,岡田ジャパンと同じで,前評判はそんなにぱっとしたものではなかったはず.それがあれよあれよといううちにここまで勝ち進んでしまったのだから,本来ならこれ以上勝とうが負けようが,どこからも文句を言われる筋合いのものではないのです.

とりあえず,いまのうちからおめでとうと言っておきましょう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

シュトゥーカのサイレンが

3日から4日にかけてドイツ・アルゼンチン戦をツイッターの #wk2010 #ned のハッシュタグで追いかけていたところ,前日すでに準決勝進出を決めていたオランダのファンの悲鳴とも聴こえる書き込みが試合後半から次々に流れてきました.というのも決勝戦がオランダとドイツの間で戦われる可能性が出てきたからで,

 「まさか」
 「またかよ」
 「シュトゥーカのサイレンが聴こえた」
 「この際スペインに頑張ってほしい」
 などなど,いつもクールな(nuchter)オランダ人には珍しい.

オランダがウルグアイ戦に負けない限り,16世紀後半からの80年戦争で陸海の死闘を演じた「旧宗主国」スペインか第二次世界大戦中に占領を受けた記憶が頭を去らないドイツと対戦することが決まって,どちらかといえば老成した観のあるスペインを相手にしたい様子がありあり.「スペイン国王をいつも敬ってきました」と国歌ウィルヘルムス(Wilhelmus)で唱っていることでもあるし.

1974年の決勝でドイツに負けたときは,灰皿を投げつけられて壊れたテレビ受像機がかなりの数あったという.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »