« ケンペルの著書の部分訳タイトルが「鎖国」の起源 | トップページ | 児童の3分の1に犯罪傾向 »

2008年3月13日 (木)

高齢者を守るカンガルー住宅

Kangoeroewoning

Nederland vergrijsd, het aantal ouderen neemt toe. Daarmee zal de komende jaren de vraag naar woningen voor ouderen al dan niet inclusief zorg stijgen. Daarnaast nemen de laatste tijd de klachten over slechte zorg in verzorgings- en verpleeghuizen flink toe. Redenen om te zoeken naar realistische alternatieven voor ouderenhuisvesting. Een van die alternatieven is de zogeheten kangoeroewoning.

オランダは高齢化し,高齢者の数が増加しています.そこで今後は介護つきであるにせよそうでないにせよ,高齢者向けの住宅への需要が高まるでしょう.加えて最近老人ホームや介護老人福祉施設のケアの質の悪さへの苦情が大きく増加しています.現実的にその代わりになるような高齢者向け住居をさがす理由は十分あるのです.そうした代替案のひとつがいわゆるカンガルー住宅です.

カンガルー住宅とは,カンガルーがお腹に赤ちゃんを入れて守るように,高齢者(などのお世話が必要な家族)を保護する目的の日本でいう二世代住宅の一種.

|

« ケンペルの著書の部分訳タイトルが「鎖国」の起源 | トップページ | 児童の3分の1に犯罪傾向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112427/40486190

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者を守るカンガルー住宅:

« ケンペルの著書の部分訳タイトルが「鎖国」の起源 | トップページ | 児童の3分の1に犯罪傾向 »