« オランダ広告の150年 | トップページ | ケンペルの著書の部分訳タイトルが「鎖国」の起源 »

2008年3月 7日 (金)

「オランダイチゴ」とは

中国野菜輸入4割減、ギョーザ事件影響?キャベツ66%減 : 中国製ギョーザ問題 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

農林水産省が6日発表した植物防疫統計(速報)で、2月第1~3週に日本が中国から輸入した生鮮野菜が前年同期より約4割減ったことが明らかになった。 1月末に発覚した中国製冷凍ギョーザの中毒事件以後、日本の食品メーカーなどが中国産品を敬遠し、輸入が大幅に落ち込んだため...

 輸入量が多かった上位10品目のすべてで減った。なかでもキャベツ(66・7%減)、里芋(65・7%減)、オランダイチゴ(45・3%減)などの減少幅が大きかった。

読売新聞,平然と「オランダイチゴ」と書いていますが,これってなに?

ウィキペディア日本語版によれば

イチゴ(苺、Fragaria)はバラ科の多年草。日本には、江戸時代後期にオランダから渡来した。このためオランダイチゴとも呼ばれる。

要するに普通の苺のことでしょうが.

今日のびっくり:

1.普通の苺のことをオランダイチゴともいう.
2.その苺を日本は大量に中国から輸入していた.
3.読売新聞はただの苺をわざわざオランダイチゴと書いていた.

|

« オランダ広告の150年 | トップページ | ケンペルの著書の部分訳タイトルが「鎖国」の起源 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112427/40413009

この記事へのトラックバック一覧です: 「オランダイチゴ」とは:

« オランダ広告の150年 | トップページ | ケンペルの著書の部分訳タイトルが「鎖国」の起源 »