« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月13日 (木)

高齢者を守るカンガルー住宅

Kangoeroewoning

Nederland vergrijsd, het aantal ouderen neemt toe. Daarmee zal de komende jaren de vraag naar woningen voor ouderen al dan niet inclusief zorg stijgen. Daarnaast nemen de laatste tijd de klachten over slechte zorg in verzorgings- en verpleeghuizen flink toe. Redenen om te zoeken naar realistische alternatieven voor ouderenhuisvesting. Een van die alternatieven is de zogeheten kangoeroewoning.

オランダは高齢化し,高齢者の数が増加しています.そこで今後は介護つきであるにせよそうでないにせよ,高齢者向けの住宅への需要が高まるでしょう.加えて最近老人ホームや介護老人福祉施設のケアの質の悪さへの苦情が大きく増加しています.現実的にその代わりになるような高齢者向け住居をさがす理由は十分あるのです.そうした代替案のひとつがいわゆるカンガルー住宅です.

カンガルー住宅とは,カンガルーがお腹に赤ちゃんを入れて守るように,高齢者(などのお世話が必要な家族)を保護する目的の日本でいう二世代住宅の一種.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケンペルの著書の部分訳タイトルが「鎖国」の起源

asahi.com:江戸時代は本当に鎖国か? 見直し進む対外歴史研究 - 文化一般 - 文化・芸能.

 「鎖国」という言葉が登場したのは、19世紀(江戸後期)に入ってからとされる。オランダ語通訳で蘭学者の志筑(しづき)忠雄が1801年、オランダ商館の医師ケンペルの著書『日本誌』の一部を『鎖国論』と名づけて訳した。幕府が禁教令などを出した17世紀に「鎖国」の概念はなかった。

...  「鎖国」が日本古来の「祖法」と見なされていったのは18世紀末(江戸後期)以降。ロシアの使節ラクスマンが通商を求め根室に来航したのに接し、幕府が1793年、従来の対外政策を「国法」と文書に記したのがきっかけだったが、強国ロシアとの紛争を避けるため、貿易もやむなしとの考えも幕府にあったという。「でも、タテマエとして『国法』『祖法』を持ち出してしまった以上、その後は見解を容易には変えられなかった」(藤田教授)

(*「藤田教授」は山川出版社「新日本史」の著者,藤田覚・東京大教授)

この18日に国立歴史民俗博物館が江戸時代の展示を衣替えし,対外関係の説明を「近世日本は、『鎖国』をしていたと思われがちだが、東アジアのなかで孤立していたわけではない」 と改めるのを機にした記事.2年前までは、「鎖国体制が確立すると……」といった記述があり,朝鮮や琉球,アイヌを通じた交易などについての展示はなかったそう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

「オランダイチゴ」とは

中国野菜輸入4割減、ギョーザ事件影響?キャベツ66%減 : 中国製ギョーザ問題 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

農林水産省が6日発表した植物防疫統計(速報)で、2月第1~3週に日本が中国から輸入した生鮮野菜が前年同期より約4割減ったことが明らかになった。 1月末に発覚した中国製冷凍ギョーザの中毒事件以後、日本の食品メーカーなどが中国産品を敬遠し、輸入が大幅に落ち込んだため...

 輸入量が多かった上位10品目のすべてで減った。なかでもキャベツ(66・7%減)、里芋(65・7%減)、オランダイチゴ(45・3%減)などの減少幅が大きかった。

読売新聞,平然と「オランダイチゴ」と書いていますが,これってなに?

ウィキペディア日本語版によれば

イチゴ(苺、Fragaria)はバラ科の多年草。日本には、江戸時代後期にオランダから渡来した。このためオランダイチゴとも呼ばれる。

要するに普通の苺のことでしょうが.

今日のびっくり:

1.普通の苺のことをオランダイチゴともいう.
2.その苺を日本は大量に中国から輸入していた.
3.読売新聞はただの苺をわざわざオランダイチゴと書いていた.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オランダ広告の150年

Highlights - 150 years of advertising in the Netherlands.

These highlights, selected because of their special historical value or great visual quality, offer a nice taste of the collection.

王立図書館(KB)の "The memory of the Netherlands" サイトより.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

ドイツ発アムス中央駅のポスター

アムステルダム中央駅のカワイイPoster @Yahoo!ブログ - anemoneの「棚からBerlin、Braunschweig」.

見ての通りこれは連作です。 オランダ語なんで、なんて書いてあるかはわかりませんが、下の黄色部になってる『LEKKER』はドイツ語の『Lecker』のようなので、もしかしたら『美味しい』と言う意味かもしれません。

 色使いもVIVIDでカワイイし、キャラもカワイイ。
 背景も『赤・青・黄色』になってて、キッチュ。
 ワケもなく『オランダっぽい』と思って写真。

上記はドイツ在住anemoneさんのブログから.

ちょっと戦前のポスターを彷彿とさせるレトロチックな,でも新しくもある,面白いポスター.コピーが気が利いています.

共通テーマは "LEKKER OP HET STATION"
(「駅で美味しい」,ただしlekkerにはもっと一般的に快いという意味もあるので,「駅だと快適」と解してもいいかも)

(1)サンドイッチを食べる男性
BROODJE
PRECIES OP TIJD

サンドイッチ
時間どおり
(broodje ham はハムサンド.BROODJE PRECIES OP TIJDには「時間どおりサンド」,という響きが.食べたいときにいいタイミングで,という感じと,列車が定刻通りに発着するという感じが重なり合っている言葉遊び.以下も同様)

(2)フリット(ポテトフライ)を持つ女性
FRIET MET
ZONDER VERTRAGING

ソースつきフリット
遅れなし
(met=英語のwithとzonder=英語のwithoutは対になっている."friet met"はマヨネーズやケチャップのかかったフリット, "friet zonder"はフリットだけ.「遅れなし」はもちろん駅の発着表示によく見る表現)

(3)買い物かごを持つ女性
WINKELEN
IN SNELTREINVAAR(T?)

ショッピング
急行のスピードで
(だと思う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »