« ペリーはオランダの態度にイラ立っていた | トップページ | 久々の海外面登場:日本はアフガニスタンから撤退 »

2007年11月 1日 (木)

描かれたハエ

[NRC Handelsblad, 2006/04/07]
Vlieg in urinoir

Dit urinoir is een ontwerp van Koninklijke Sphinx en Schiphol. .... Die vlieg is niet alleen bedoeld om de straal op te richten, om de wc's wat schoner te houden, maar ook om de plaslust op te wekken.

この小便器のデザインはロイヤルスフィンクスとスキポール空港が共同開発したものである.... このハエは放水を正しく方向付けて便器を清潔に保つだけでなく,尿意を刺激することも目的としている.

1991年発表のハエつき小便器に関するこのテキストは,過去100年のオランダのベストデザイン25の一環としてnrcのサイトに掲載されていたのですが,選ばれた25点が写真と共に掲げられていた本体記事が現在行方不明.問題の便器の写真はこちら

亜流がターゲットシールとして日本でも一時評判になっていましたが,本家のハエは陶器の表面にエッチングされたもの.ちょっとやそっとでは消えません.O.ヘンリーの短編「最後の一葉」を連想してしまうのは私だけでしょうか.

|

« ペリーはオランダの態度にイラ立っていた | トップページ | 久々の海外面登場:日本はアフガニスタンから撤退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112427/11570244

この記事へのトラックバック一覧です: 描かれたハエ:

« ペリーはオランダの態度にイラ立っていた | トップページ | 久々の海外面登場:日本はアフガニスタンから撤退 »