« フェルドンク,内閣を危機に投げ込む | トップページ | Bob にDank je »

2006年12月15日 (金)

二人の女性歌手

昔ポップス・バンドのショッキング・ブルーでボーカルとして活躍していたオランダの歌手マリスカ・フェレス(Mariska Veres)さんががんのためハーグで亡くなったのは今月2日.

各国語ウィキペデイアのうち,この歌手についての項目がたっていたのはオランダ語版のほか,英語版,ドイツ語版,そして日本語版.どういうわけか亡くなったのを機に,増えつつある様子で,その後ロシア語,スウェーデン語,ヘブライ語などの版もあることがわかりました.ハーグ生まれの彼女ですが,父親がハンガリー人のバイオリン奏者,母親はドイツ生まれの仏露系.ハンガリー人の父親が「移動民族ロマ出身」とわざわざことわっているのはドイツ語版と日本語版など.オランダ語版,英語版には書いてない.

この機会にショッキング・ブルー関係のウェブサイトやページを検索していたら,日本でも「Cottonwoodhill 別別館」というブログにバンドの経歴が詳しく書いてあるし,YouTubeのビデオクリップへのリンクが張ってあるのに気づきました.これは便利.

そこで日本公演の様子を映した "Inkpot"のクリップを視聴していると,どこかで聴いたような曲だと思いました. そういえば,同じオランダの Earth & Fire に雰囲気が似ています.同じ頃活躍していたバンドなので,時代精神というものかもしれない.

「ヴィーナス」が毎日のように流れていたのは1969-70年だったんですね.Earth & Fire の大ヒットは1979年の Weekend で Venus よりちょうど10年あとだけれど,ボーカルのジャーニー・カーフマン(Jerney Kaagman)が途中参加したのは1968年でマリスカがショッキング・ブルーに参加したのと同じ年,しかも彼女は1947年生まれでマリスカと同い年,というのに今回初めて気がつきました.

http://www.earth-and-fire.nl/ の Video's のセクションを覗いてみると,艶めかしく身体をくねらせながら Weekend(1979) を唱い踊る往年のジャーニーの姿を見ることができます.当時わたしはアムステルダムに住んでいたので,この青い衣装を何度も TopPopというテレビ番組で見た.その後,オランダ語版Playboyでヌードを披露したり,歌手の労働組合BV Popの委員長になったり,いまでも活躍している様子です.

そのほかの関連サイト:
オランダ語ウィキペディア
Mariska Veres
Jerney Kaagman

昭和40年代甘美の部屋」からEarth & Fireのページ
 日本でも少しは知られていたんだ.

And This Is Not Elf LandMariska Veresに関する記事
 ヒット当時の雰囲気を知る方の文章.

|

« フェルドンク,内閣を危機に投げ込む | トップページ | Bob にDank je »

コメント

ももみさん,コメントありがとうございます.

>>参考になります。面白いです。

と言っていただけてとても嬉しいですが,どの辺が面白かったのか気になるといえば気になります.自分では1979年の大ヒット Weekend で一躍有名になった(と当時思っていた)ジャーニー(32歳だったんだね)がマリスカと同年生まれだということと,その後の二人の人生がかなり違ったものになっていったことが面白かったんだけど.

投稿: jasje | 2010年2月 5日 (金) 16時53分

参考になります。面白いです♪どうも、ありがとうございます!

投稿: ももみ | 2010年2月 4日 (木) 21時18分

Cottonwoodhillさんといい,elaineさんといい,ヴィーナスがヒットした当時の様子をご存じなのですね.わたしはヴィーナスは好きだけど特にポップバンドのファンだったわけではないので,この曲を聴いたという以外の記憶はありません.でも自分の母親の若い頃を知っているという人に出会ったような気がするのはなぜかな(いいえ,マリスカともジャーニーとも親子ではありません).

一昨日,家内のオランダ語の生徒さんと話していて,マリスカが亡くなったことに触れたら,1982年生まれなので全く知らないと言われ愕然.

投稿: jasje | 2006年12月25日 (月) 17時49分

はじめまして、TBさせていただきました。
今でもオランダと言えばShocking Blue!なほど、彼らの存在は大きかったです。
これを機会に、時々こちらのblogも拝見させてください。

投稿: elaine | 2006年12月25日 (月) 01時02分

当ブログをご紹介頂き、まことにありがとうございます。当ブログからもTBをおくらせていただきました。それにしても残念なニュースですね。ショキング・ブルーが最初の来日を果たした時、私はそれほど洋楽に夢中でなかったので彼女らの日本来日の事実は後から知りました。

Earth & Fire の初期の作品もいいですよね。オランダのバンドって、ショキング・ブルーといい、フォ-カスといい、アース&ファイアといい、昔は結構日本でも人気がありましたよね。

投稿: Cottonwoodhill | 2006年12月17日 (日) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112427/13076300

この記事へのトラックバック一覧です: 二人の女性歌手:

» 【訃報】マリスカ・ヴェレス(ショキング・ブルー)死去 享年59 [Cottonwoodhill 別別館]
Mフェレスさん死去…ショッキング・ブルー、ボーカル オランダからの報道によると、同国の歌手マリスカ・フェレスさんが2日、がんのためハーグで死去した。59歳。ポップス・バンド、ショッキング・ブルーのボーカ... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 16時40分

» Mariska Veres [And This Is Not Elf Land]
今になってこのニュース知りました。とてもショックです。私たちの年代には懐かしいオランダのロック・バンドThe Shocking Blue(ショッキング・ブルー)の女性ヴォーカルMariska Veres(マリスカ・フェレス)が12月2日、癌で亡くなりました。まだ59歳でした。 [続きを読む]

受信: 2006年12月25日 (月) 00時59分

» 医療保険とは3 [女性保険とがん保険]
公的医療保険に対して、民間医療保険は一般に任意加入であり、契約者の財産や所得に応じて、複数の保険会社が用意するメニューからプランを選ぶことが可能です。民間医療保険の仕組みや医療保障制度における役割は、やはり国ごとに大きく異なります。日本では...... [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 21時31分

» 乳がん。早期乳がんの発見に効果を挙げている。 [保険女性 がん。女性のための保険、女性特有の病気を手厚く保障してくれる商品もあります]
乳がん(にゅうがん, 英Breast cancer)とは乳房組織に発生するがん腫である。世界中でよく見られるがんで、西側諸国では女性のおよそ10%が一生涯の間に乳がん罹患する機会を有する。それゆえ、早期発見と効果的な治療法を達成すべく膨大な労力が費やされている。また乳がん女性患者のおおよそ20%がこの疾患で死亡する。高齢の女性ほど罹患率が高い為、今日では多くの国で検診を受けることが推奨されている。検診には胸部自己診断法(breast self-examination)とマンモ...... [続きを読む]

受信: 2007年7月10日 (火) 15時44分

« フェルドンク,内閣を危機に投げ込む | トップページ | Bob にDank je »