« Sint-Maarten 聖マルチヌス(祭) | トップページ | シンタクラースのお菓子の作り方 »

2006年11月15日 (水)

アンネの栗の木,伐採へ

[nrc.nl, 2006/11/14 ]

Anne Franks kastanje moet worden gekapt.

De kastanjeboom die Anne Frank in haar dagboek over haar onderduikperiode tijdens de Tweede Wereldoorlog beschrijft, is zo ernstig aangetast door een houtparasiet dat herstel niet meer mogelijk is. De boom, die staat in de tuin aan de Keizersgracht in Amsterdam, heeft het bijna 170 jaar volgehouden. Maar binnenkort zal hij toch gekapt moeten worden.

アンネ・フランクが第二次世界大戦中に隠れ住んでいた「裏の家」からいつも見ていて,何度か日記にも書いていた栗の木が,カビかキノコのような菌類が寄生する病気で弱り,これ以上保存できなくなってしまいました.樹齢170年のこの木はプリンセン運河の現在アンネフランク博物館「アンネの家」(Anne Frankhuis)になっている家の裏手,実際にはカイザース運河に面した隣家の庭にあるのですが,間もなく伐採される予定.既にこの栗の実から若木が育っているので植え替えになるらしい.

|

« Sint-Maarten 聖マルチヌス(祭) | トップページ | シンタクラースのお菓子の作り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112427/12698201

この記事へのトラックバック一覧です: アンネの栗の木,伐採へ:

» 「アンネの木」続報 [NedLog オランダ速報]
NedLog オランダ速報: 「アンネの木」の撤去を延期の続報: この木,以前は [続きを読む]

受信: 2007年11月21日 (水) 18時00分

« Sint-Maarten 聖マルチヌス(祭) | トップページ | シンタクラースのお菓子の作り方 »