« Koliekpijn さしこみ | トップページ | 白い本と緑の本 »

2006年8月 2日 (水)

皇太子ご一家を待つオランダの報道

[NOS Jeugdjournaal, 2006/07/28]
Kroonprins Japan naar Nederland.

De kroonprins van Japan komt samen met zijn vrouw en dochter twee weken in Nederland logeren. Beatrix houdt een kamer vrij in een koninklijk slot in Apeldoorn. Waarschijnlijk is dat Het Oude Loo.

オランダの公共放送NOSのJeugdjournaal(こどもニュース)が伝える皇太子ご一家のオランダ訪問です.直訳すれば「日本の皇太子が妻と娘と共に2週間オランダに逗留します.ベアトリクス(女王陛下)がアペルドールンにある王室の城塞の一部屋を(一家のために)空けることにしました.たぶんHet Oude Loo城でしょう.」

アペルドールンは町自体はたいして面白いところじゃないけれど,南のアーネムと並んで,ヘルダーラント州の国立公園 De Hoge Veluweの入り口に位置しています.

この中世のお城,王室にとって特別なお客さまが訪問されたときによく宿泊所になるほか,女王陛下ご自身が週末の別荘としても使われます.閑静な場所にあって,誰にも邪魔されず静かに休養できる場所らしい.もっとも国立の博物館でもあるヘット・ロー宮殿の隣にあるので,そちらのほうには観光客も来る.日本のメディアはどうするのかな.休暇の神聖視という点では日本人の想像を絶しているオランダで,皇太子一家の生活をのぞき見しようとした日本の報道陣が手厳しく排除されるみたいな光景が目に浮かびます.どこかの国と違って勝手に立ち入ったらというのでいきなり銃弾が飛んでくるようなことはないでしょうけどね.

子供向けとはいいながら女王陛下をベアトリクスと呼び捨てにする言語感覚は,善し悪しは別として,こうやって実例を間近に見てみないとわかりません.もっとも親をファーストネームで呼ばせている家族もある.いろいろな社会的な役回りのしがらみを無視するわけではないけれど,第一義的にはファーストネームで表される個人と個人のおつきあい,という考え方が背後にありそう.

仮に「逗留」としておきましたが,logerenは夏休みにおじいちゃんの家に泊まりがけで遊びに行くとか,パジャマと歯ブラシを持ってベアちゃんのおうちにお泊まりに行って枕投げをする,という文脈で良く使われ,こどもには大変親しみのある言葉.

今回のご一家訪問は日本での発表に合わせて28日以降の各紙に載りました.だいたいはAPあたりの配信に頼っているようですが,写真を大きく載せたり,アペルドールンでの独自取材を加えているところもある.NOSこどもニュースもかなり大きな扱いで,マサコさんは規則だらけの皇室の生活で長い間ストレスに苦しんでいるらしいとか,今回の訪問はちょっとリラックスする目的なんだとか,日本国民が男子の皇位継承者を望んでいるんだとか,マサコさんの義理の妹が妊娠中なのがわかって...とか.

オランダのこどもにも良く理解できる直接的な言葉で書かれた記事なので,そのうちこのへんの事情は日本のこどもよりオランダのこどものほうがよく知っているということになるかも.

女王陛下の亡くなった夫君のクラウス公が,生前規則だらけの王室生活のストレスに苦しめられていたり,鬱状態にあったりという経験のあるオランダなので,今回の皇太子ご一家の訪問も人ごとではないと思っている様子.とくに日本の皇室や社会を批判しているわけではないけれど,それなりの関心はある.

=================
その他の報道:
1.Japans prinselijk paar naar Nederland (BN DeStem 29-07-2006)
2.Japans prinselijk gezin naar Apeldoorn (nu.nl 28-07-2006)

|

« Koliekpijn さしこみ | トップページ | 白い本と緑の本 »

コメント

Following my exploration, thousands of persons in the world receive the personal loans from different creditors. Therefore, there's a good chance to find a commercial loan in every country.

投稿: JohnFrench | 2012年2月 7日 (火) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112427/11210048

この記事へのトラックバック一覧です: 皇太子ご一家を待つオランダの報道:

» ヘット・ロー宮殿〔オランダ〕 [ブログで情報収集!Blog-Headline/travel]
「ヘット・ロー宮殿〔オランダ〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =2006年8月18日収集分... [続きを読む]

受信: 2006年8月19日 (土) 08時47分

« Koliekpijn さしこみ | トップページ | 白い本と緑の本 »