« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

王室メンバーの休暇の報道について

[Royalblog.nl 2006/08/27]
Mededelingen over vakanties

Een vakantie is privé. Meer dan ooit is dat het standpunt van de Oranjes. De media hoeven - nee, mogen - niet weten waar de koninklijke familie de zinnen verzet.

バカンス(休暇といってもご静養といっても同じコトですが)はプライベートなもの.今まで以上にこれがオランダ王室の立場である.王族が何をしようとしているかメディアは知る必要がない(いや知ってはいけない)のである.

政府広報サービス(Rijksvoorlichtingsdienst)との約束を守って Apenheul での日蘭両皇太子一家の写真を掲載しなかった王室番ブログの記事:

ここ数日で日本の皇室における個人生活についての考え方はオランダのそれとは異なっていることがわかってきた.全能の宮内庁はナルヒト皇太子と家族のアペルドールンでの活動について報道発表を行った.そこでなにか驚くべきことが発表されたわけではない.発表がなされたということそのことがオランダ的観点からは特別なことなのだ.

たとえば例の写真撮影の機会の後,アウデロー城でベアトリクス女王との昼食会があった.時間と場所から論理的なことである.しかしオランダの報道はそれを推測することができるのみであり,いっぽう日本ではそれが事実として報じられるのである.さらに森の散歩や城のまわりでの活動,ブルハース動物園の訪問についても語られている.オランダではこのことは見落とされていたし,まさにそれこそがオラニエ家の人々がバカンスに際して望んでいるとおりのことなのだ.いっぽう宮内庁はそれを公式に発表した.事後にではあったが.

多くの場合,オランダのジャーナリストの結論はオランダがいかに住み良い国であるかということになります.一般読者が日本の皇太子一家の行動にそれほど関心を持っているわけではありませんが,一緒にいるオランダ皇太子一家の言動には興味津々です.それでもバカンスは邪魔しないほうがいい,と考える自分たちはなんていいやつなんだろう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなで作るヨーロッパ写真アルバム

Lezers maken samen een digitaal fotoalbum van Europa..


De slagvelden bij Verdun, basis van de naoorlogse eenwording? De bio-energiecentrale bij Cuijk, uitdrukking van het Europese streven naar een schonere planeet? Een moskee in Madrid, symbool van de multiculturaliteit van Europa?

ヴェルダンの戦場跡:戦後ヨーロッパの一体化の礎?
カイクのバイオエネルギーセンター:汚れなき惑星へのヨーロッパの努力の表現?
マドリードのモスク:ヨーロッパの多文化性の象徴?

nrc.nl の We The Peopleで読者が作るヨーロッパの写真アルバム.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

お猿天国の皇太子ご一家

[De Stentor, 2006/08/25]
Kroonprinselijke gezinnen genieten in Apenheul

Bezoekers die tijdens het aapjes kijken een blik opzij wierpen, stonden ineens oog in oog met prins Willem-Alexander, prinses Maxima en hun kinderen.

Compleet met gasten, het Japanse kroonprinselijke gezin. Verbazing alom.

ヘルダーラント州の中でも皇太子ご一家のご訪問先アペルドールンがある一地方のローカル紙 De Stentor が伝える,モンキー・パラダイス Apenheul での日蘭両国皇太子ご一家.

万難を排して「普通の人」らしく見せたいオランダ王室とそれを喜ぶオランダ国民の様子が推察できる記事です.猿を見に来た客がふと気づくととなりにウィレムアレクサンダー皇太子,マクシマ妃とこどもたちがいた.おまけにお客さまの日本の皇太子一家まで.びっくり.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月24日 (木)

写真満載の王室番サイト

Royalblog.nl

王室関連の記事の取材を専門とするジャーナリストHans Jacobs氏(GPD)が開設する,王室の人々の動向を写真入りで報告するブログ.

2006年8月後半現在のトップ記事はもちろん日本の皇太子ご一家のアウデロー城ご滞在.これほどたくさん写真が載っているサイトはほかにないかもしれません.

背景として,雅子妃の体調だとか宮内庁の動きだとか「国民の期待」だとか,はては2000年の天皇皇后両陛下オランダ公式訪問直前のインタビューを宮内庁が英文で公表しているものへのリンクだとか,日本の週刊誌より詳しく載っています.

写真についているキャプションが

  • アレクシア(王女,1才)が関心の中心に.スカートちょっとまくれすぎ.
  • アメリア(王女,2才.未来の女王か)はカメラを怖がらない(前回の撮影時にはまだちょっと慣れてなかった)
  • アイコ(内親王,4才)はちょっと押され気味,手を振るアメリアを見る
  • 王室の古い馬車に乗り込んだ3人の小さな王女たち.ベアトリクスおばあちゃん(女王)はすっかり水を得た魚のよう.
  • 「ほらね,うちじゃあこうやるのよ」,対照的なスタイル(手の振り方の話)
  • アメリアはもっと元気な西欧風の手の振り方をアイコに見せる.

と,なかなか楽しい.括弧内はわたしの注です.

ちなみにJacobs氏が所属するGPD(Geassocieerde Pers Diensten;連合報道サービス)は大規模な取材力を持たない地方紙に,国際ニュースや全国ニュースを配信して支援するサービスらしい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フローニンゲン州を紹介する日本語サイト

オランダ、フローニンゲン州を紹介するサイト「トランキール」

「トランキール」は、オランダのフローニンゲン州を、過去から現在、メグレ刑事からハーレーデーまで、幅広く紹介するサイトです。フローニンゲンの歴史、文化、イベント、アート、又身近なニュースを随時、更には「メグレの誕生」のような読み物として楽しめる物語も、フローニンゲンに関わるテーマで「特集記事」として時々、皆さんにお送りします。(同サイトから)

州都フローニンゲンまで観光で行く人はいても,この州の中をあちこと巡り歩く日本人は少ないかもしれません.お住まいのデルフザイルを拠点にフローニンゲン州の地理,歴史,文化全般にわたって深く掘り下げた紹介をされています.また,デルフザイルと姉妹都市関係にある周南市の市民との交流に関する記事もあります.

この機会に「日本(語)のオランダ」日蘭姉妹都市のページからもこのサイトにリンクすることにしました.デルフザイル以外の姉妹都市についてもこのくらい充実したサイトができることを期待しています.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

コーヒーが7年ぶりの高値

[de Volkskrant, 2006/08/22]
Koffieprijs op hoogste niveau in zeven jaar.

LONDEN - De prijs van koffie is dinsdag op de termijnmarkt in Londen op het hoogste niveau in meer dan zeven jaar beland. Dit komt vooral door een lage productie in Vietnam, een van de belangrijkste leveranciers van de koffiemarkt.

火曜日(22日)ロンドンの先物市場(termijnmarkt=futures market)ではコーヒーの価格が7年ぶりの高水準に達した. コーヒー市場の最も重要な供給者のひとつであるベトナムでの生産の低迷によるものである.

なんでもベトナムが大雨だったそうで.実はベトナムがそんなに重要なコーヒー生産国だとは知りませんでしたが,コーヒー好きのオランダ人にしてみればコーヒーの価格が1セントでも上がるのは大事件.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

アマリア王女,日本報道陣の注目を一手に

[de Gelderlander, 2006/08/18]
Prinses Amalia steelt de show bij Japanse pers

APELDOORN (ANP) - Prinses Amalia heeft vrijdagmorgen op Paleis Het Loo in Apeldoorn de show gestolen voor de ogen van de Japanse pers. Enthousiast beantwoordden Japanse journalisten haar brede, zwaaiende armgebaren. ,,Bye bye'', riepen ze zelfs naar elkaar.

金曜朝,アペルドールンのヘットロー宮殿でアマリア王女は日本の報道陣の注目を一手に集めました.大きく腕を振る姫の仕草に日本のジャーナリストたちは熱心に応えていました.お互いに「バイバイ」と呼び掛け合うシーンも.

アマリア王女は皇太子ご一家の訪問先オランダ王室のウィレムアレクサンダー王太子とマクシマ妃の長女.主役の座を奪った(de show gestolen )という表現ですが,それほど意地悪な意味はなくて,うちの王太子のところのプリンセスは日本人にも大人気だったというちょっと得意なオランダ紙の報道.

この記事に添えられている写真はなかなかいい感じの家族の記念写真ふうの一枚です.王室皇室のメンバー同士が家族づきあいをしておくことの効果は将来計り知れないものがあるので,ここまではまずまずの出来かと.

"de Gelderlander"はアペルドールンのあるヘルダーラント州の地方紙です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

国会,新時刻表に怒る

[de Volkskrant , 2006/08/18]
Kamer boos over nieuwe spoorboekje.

Staatssecretaris Schultz (VVD) van Verkeer ligt onder vuur in de Tweede Kamer. PvdA, GroenLinks, SP en ChristenUnie vinden het onacceptabel dat Schultz de nieuwe dienstregeling van de NS buiten de Kamer om heeft goedgekeurd. Vlak voor haar zwangerschapsverlof, vanaf komende maandag, dreigen de fracties het vertrouwen in Schultz op te zeggen.

運輸水利省のシュルツ政務次官は下院で厳しい追及を受けている.PvdA, GroenLinks, SP, ChristenUnie の各党は,政務次官がオランダ鉄道の新しいダイヤを国会にはかることなく承認してしまったことは,とうてい受け容れることができないとしている.月曜日からの彼女の出産休暇を目前に,これらの各党は政務次官の不信任を示唆している.

この記事の続きや nrc.nlの記事を合わせて見ると,運輸水利省政務次官(Staatssecretaris van Verkeer en Waterstaat)のメラニー・シュルツ=ファンハーヘン(M.H. Schultz van Haegen) 氏は,総選挙前にはやり直し不可能な決定は下さないと言うバルケネンデ首相の約束に反して,オランダ鉄道(NS)の新しい運行時刻表案にゴーサインを出してしまった.この案には7月から野党の反対があったのだが,内閣の解散危機などもあって国会内の委員会で充分論議を尽くすことができないまま,8月15日の「締切」がきてしまい,担当政務次官は「非公式に」承認をした,ということのようです.

オランダの鉄道ダイヤは隣接する他国のダイヤとも調整が必要なので12月10日から施行される2007年度版のダイヤはこの時期に決めなければならいらしい.

政務次官の出産休暇というのはどういうことかと思ったら,この方は1970年生まれの女性ということで納得.

(注)Schultzはスヒュルツと発音するのかもしれませんが,外国ふうの名前ということで,仮にシュルツとしておきます.ニュースの音声でも聴く機会があって訂正したほうがよければ訂正します.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

蘭日英対訳ことわざ辞典

Kotowaza.org: First online Dutch - Japanese - English proverb dictionary / Eerste online Nederlands - Japans - Engels spreekwoordenboek.

400以上のことわざを集めた対訳辞典です.

英蘭ではほかに

Wikiquote のDutch proverbs

Expatica.com のDutch proverbs

また,
Nederlandse Spreekwoorden & Gezegden はオランダ語で解説したオランダ語のことわざと慣用表現.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリル諸島紛争で死者,の報道

[nrc.nl, 2006/08/16]
Dode in conflict over de Koerillen.

Tokio, 16 aug. De Japanse regering heeft vanochtend bij de Russische ambassadeur in Tokio geprotesteerd tegen het doodschieten van een garnalenvisser in de buurt van een van de vier zuidelijke Koerillen-eilandjes, waarop beide landen aanspraak maken. Conflicten met vissers zijn daar vaker, maar het is voor het eerst in vijftig jaar dat daarbij een dode is gevallen.

クリル諸島の紛争で死者
両者が帰属を主張しているクリル諸島南端の4島の近辺でエビ漁の漁船乗組員が射殺された件につき,日本政府は今朝,東京のロシアの大使に抗議した.漁船との紛争はこの場所では頻繁に起きているが,死者が発生したのは50年ぶりのことである.

16日の事件を,日露双方が領有を主張している北方四島をめぐる紛争のなかで起きたことというニュアンスで報道しています.nrc.nl の海外欄で16日のトップ記事.日本向けにレイアウトを調整しているのでなければ,ですが.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

戦争と闘争

[nrc.nl, 2006/08/15]
De jongste taalstrijd gaat tussen groen en wit.

Media en uitgeverijen moeten beslissen of ze het Groene Boekje of het Witte Boekje volgen. Het ANP kiest het eerste, veel kranten en bladen het nieuwe alternatief.

「最新の言語闘争は緑と白の間で」というオランダ語の綴りの公式,非公式,2つの教則本に関する記事.公式の「緑本」を支持しているのはDe Telegraaf紙,AD紙,そして通信社の Algemeen Nederlands Persbureau (ANP),.いっぽう今日出版される「非公式」の教則本にまとめられた「白い綴り」は,代替案(het nieuwe alternatief)とはいえ上記以外の多くの出版社やメディア(de Volkskrant,NRC Handelsblad,Trouw, ,de NOS,Planet Internetなど )の広い支持を得ています.2015年の次回改訂に向かって緑と白の仁義なき戦いが始まる.

この記事に後れをとりつつも,海外欄のトップを飾ったのが,
Japan en de oorlog, 61 jaar later
61年後の日本とあの戦争
小泉首相の靖国神社訪問の様子を中国韓国の反応に言及しつつも淡々と伝えていますが,インタビューされている日本人はどういうわけか靖国訪問に賛成の人たちみ.オランダの新聞の扱いとしてはちょっと異例か? 日本ではナショナリズムが復活しているということを強調したいのかもしれません.

国内ニュース欄には
Capitulatie Japan herdacht in Den Haag
ハーグで日本の降伏記念式典の短い記事が.またオランダ南部のBredaでも,元蘭領インド(Nederlands-Indië)帰還者のための老人ホームの敷地内で新しい蘭領インド記念モニュメントの開幕式が執り行われたとのこと.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

白い本と緑の本

De witte spelling.

De witte spelling is te vinden in Het witte boekje, dat in augustus moet verschijnen. Zie www.spellingwijzer.nl voor de geschiedenis en de opzet van dit Witte Boekje. Het witte boekje bestaat uit een regeloverzicht en een woordenlijst. Die lijst bevat woorden en namen met een spellingprobleem, waarbij achter elk woord naar de bijbehorende spellingregel wordt verwezen. In september komt ook een cd-rom beschikbaar met de inhoud van het boekje en met een complete spellingchecker. De regels worden eenvoudiger uitgelegd en soms iets anders toegepast dan in het Groene Boekje.

1995年に改訂されたDe Nederlanse Taalunie のオフィシャルな綴り規則書het Groene Boekje(緑本)に満足できない新聞社やその他の言葉をよく使う職業の人々が集まってできたのがDe Spellingwijzer Onze Taal にまとめられたWitte Spelling (白い綴り).

この呼び名は,本のカバーが白く,緑本に対抗して白本(het Witte Boekje)と呼ばれるようになったため.2006年8月には新版がズバリ"Het Witte Boekje"のタイトルで出版される.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 2日 (水)

皇太子ご一家を待つオランダの報道

[NOS Jeugdjournaal, 2006/07/28]
Kroonprins Japan naar Nederland.

De kroonprins van Japan komt samen met zijn vrouw en dochter twee weken in Nederland logeren. Beatrix houdt een kamer vrij in een koninklijk slot in Apeldoorn. Waarschijnlijk is dat Het Oude Loo.

オランダの公共放送NOSのJeugdjournaal(こどもニュース)が伝える皇太子ご一家のオランダ訪問です.直訳すれば「日本の皇太子が妻と娘と共に2週間オランダに逗留します.ベアトリクス(女王陛下)がアペルドールンにある王室の城塞の一部屋を(一家のために)空けることにしました.たぶんHet Oude Loo城でしょう.」

アペルドールンは町自体はたいして面白いところじゃないけれど,南のアーネムと並んで,ヘルダーラント州の国立公園 De Hoge Veluweの入り口に位置しています.

この中世のお城,王室にとって特別なお客さまが訪問されたときによく宿泊所になるほか,女王陛下ご自身が週末の別荘としても使われます.閑静な場所にあって,誰にも邪魔されず静かに休養できる場所らしい.もっとも国立の博物館でもあるヘット・ロー宮殿の隣にあるので,そちらのほうには観光客も来る.日本のメディアはどうするのかな.休暇の神聖視という点では日本人の想像を絶しているオランダで,皇太子一家の生活をのぞき見しようとした日本の報道陣が手厳しく排除されるみたいな光景が目に浮かびます.どこかの国と違って勝手に立ち入ったらというのでいきなり銃弾が飛んでくるようなことはないでしょうけどね.

子供向けとはいいながら女王陛下をベアトリクスと呼び捨てにする言語感覚は,善し悪しは別として,こうやって実例を間近に見てみないとわかりません.もっとも親をファーストネームで呼ばせている家族もある.いろいろな社会的な役回りのしがらみを無視するわけではないけれど,第一義的にはファーストネームで表される個人と個人のおつきあい,という考え方が背後にありそう.

仮に「逗留」としておきましたが,logerenは夏休みにおじいちゃんの家に泊まりがけで遊びに行くとか,パジャマと歯ブラシを持ってベアちゃんのおうちにお泊まりに行って枕投げをする,という文脈で良く使われ,こどもには大変親しみのある言葉.

今回のご一家訪問は日本での発表に合わせて28日以降の各紙に載りました.だいたいはAPあたりの配信に頼っているようですが,写真を大きく載せたり,アペルドールンでの独自取材を加えているところもある.NOSこどもニュースもかなり大きな扱いで,マサコさんは規則だらけの皇室の生活で長い間ストレスに苦しんでいるらしいとか,今回の訪問はちょっとリラックスする目的なんだとか,日本国民が男子の皇位継承者を望んでいるんだとか,マサコさんの義理の妹が妊娠中なのがわかって...とか.

オランダのこどもにも良く理解できる直接的な言葉で書かれた記事なので,そのうちこのへんの事情は日本のこどもよりオランダのこどものほうがよく知っているということになるかも.

女王陛下の亡くなった夫君のクラウス公が,生前規則だらけの王室生活のストレスに苦しめられていたり,鬱状態にあったりという経験のあるオランダなので,今回の皇太子ご一家の訪問も人ごとではないと思っている様子.とくに日本の皇室や社会を批判しているわけではないけれど,それなりの関心はある.

=================
その他の報道:
1.Japans prinselijk paar naar Nederland (BN DeStem 29-07-2006)
2.Japans prinselijk gezin naar Apeldoorn (nu.nl 28-07-2006)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »