« オラニエ公は小説が好きだった | トップページ | みんなで作ろうGPS自転車マップ »

2006年7月 5日 (水)

オランダ鉄道の脱線の原因は暑さか?

De Volkskrant, 5 juli 2006
Rails, hitte en een gouden regel
(線路,猛暑,黄金律)

Waarom kromt het spoor niet in warme landen als Spanje en Italie maar is het zomerweer in Nederland een reden voor treinontsporingen?

Het antwoord is eenvoudig. De rails zijn niet goed aangelegd. ‘De hitte is niet de oorzaak van de vervorming van de rails. Als alles goed ligt, moeten de spoorstaven, net als in Spanje of Italie, de hitte aankunnen’, zegt Coenraad Esveld, hoogleraar railbouwkunde aan de TU Delft.

最近起きたレールの変形の原因は猛暑ではない.きちんと設置されていさえすれば,スペインやイタリアと同じように暑さに耐えることができるはずだ,というのがデルフト工科大学のクーンラート・エスフェルト教授の意見.

金曜日と土曜日にラントフラーフとスワマーダムで数人の軽傷者を出した脱線事故の原因につき,鉄道会社ProRailが猛暑で線路が変形したことが原因としていたことに対しての反論.

乗客団体のローファーは徹底的な調査を要求しています.

‘Het is meestal een combinatie van factoren’, zegt Esveld. ‘Slecht onderhoud, een verkeerde las, een slecht ballastbed of, en daar lijkt de ontsporing bij Zwammerdam op, er is bij hoge temperaturen gewerkt aan het spoor.’
「原因は多くの場合複合的なものです.不適切な保守,溶接の不手際,不良な砕石床,またすスワマーダムでは高温下で工事作業を行っていたようです」(エスフェルト教授)

気温が25度以上になったら作業は行わないのが大原則(黄金律)だそう.

ちなみに今日のスワマーダムの気温は31度.Zwammerdam.nlサイトのフォトルポルタージュ " Trein ontspoorde bij Zwammerdam を見ると半端な曲がり方ではないのがわかります

レールが平面上でうねることを "spoorspattingen"
垂直方向のふくらみは "kattenrug" (猫の背)
という.

スワマーダムのサテライト写真と地図

|

« オラニエ公は小説が好きだった | トップページ | みんなで作ろうGPS自転車マップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112427/10797668

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ鉄道の脱線の原因は暑さか?:

« オラニエ公は小説が好きだった | トップページ | みんなで作ろうGPS自転車マップ »