« 猛暑に気象サイトが大繁盛 | トップページ | 皇太子ご一家を待つオランダの報道 »

2006年7月27日 (木)

Koliekpijn さしこみ

Koliekpijn - Wikipedia.

Koliekpijn is hevige pijn die ontstaat ten gevolge van een verkramping. Deze pijn is sterk aanwezig op de voorgrond en kan niet genegeerd worden. Het is pijn waarvan men ook 's nachts wakker wordt.

へーえ,Wikipediaオランダ語版にはこんな項目まであるんだと一種の感動をもって読みました."Koliekpijn"(コリークパイン.単に"koliek"と言うことも)は,「痙攣の結果生じる強い痛みである.この痛みは(意識の)前景に強く存在して,無視することができない.人が夜中に目覚める痛みである.」

このあと,その痙攣は腸,胆管や尿路など中空の器官に生じるとあって,英語なら "colic". そのもとになっている"colon" は結腸(大腸の大部分)で,語源はギリシャ語.

Van Dale の辞典では"koliek"を下腹部の強い痙攣性の痛みで,ここから胆石や腎臓結石が原因で生じる痛みのことも指す,とある.

日本語では「さしこみ」がこれに近いと思います. 難しい言葉では「疝痛(せんつう)」とか「癪(しゃく)」.疝痛は小学館の国語大辞典新装版(1988)に「腹部諸器官の平滑筋の収縮により起こる発作性・周期性の腹痛。」とあり,癪は「胸部または腹部の一種のけいれん痛で、多く女性にみられる。医学的には胃けいれん、子宮けいれん、腸神経痛などが考えられる。さし込み。」とあります.しゃくにさわる,しゃくのたね,の「しゃく」.あわせて「疝癪」とも言うらしい.

外国でお医者さんに行って痛みの種類を説明するのは難しいもの.ちかごろ尿路結石なんかも増えているというから憶えておくといいかもしれません.

|

« 猛暑に気象サイトが大繁盛 | トップページ | 皇太子ご一家を待つオランダの報道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112427/11117408

この記事へのトラックバック一覧です: Koliekpijn さしこみ:

» 深夜の救急外来 [jasjeHP新着情報]
昨日から今朝にかけてなかなか得難い経験をしました.夜も遅くなって風呂から上がると左の下腹が痛い.きりきりと痛みの場所が特定できるような鋭い痛みではなくて,その辺り一帯がもわっと痛い.そうは言っても半端な痛みではなく,寝ころんだりまた起きあがって座ったり...... [続きを読む]

受信: 2006年7月27日 (木) 18時17分

« 猛暑に気象サイトが大繁盛 | トップページ | 皇太子ご一家を待つオランダの報道 »