« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

今後50年オランダはより暖かく湿っぽく

NRC Handelsbaldの記事Nederland wordt warmer en natterが伝えるところでは,王立気象台(KNMI)が大がかりなコンピュータシミュレーションを実施した結果,2050年までのオランダの気候は予想通りの温暖化で,2050年前後の冬の平均気温は1990年より平均0.9度から2.3度上昇.夏は0.9度から2.8度上昇していることになるはず.上昇のペースは過去15年よりはゆるやかなもの.

この影響でライン川,マース川の水量は冬期に今より増加,逆に夏には減少して河川交通の障害となるかもしれない.暖房とその燃料の需要は減少.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

Arnhem

elfstedentochtにケルンのtamayamさんからコメントをいただきました.ケルンだより(http://tamayam.exblog.jp/)というケルン周辺の植物や動物の写真が美しいブログを開設されている方.「Xの町から Aの町へ」という項にアーネムが出てきて,何年か前に書いたわたしのwww講談:アーネムの橋にも言及していただいています. そこでこちらも妻の帰省先であるアーネムについて一度まとめておこうかと思った次第.今回はその橋にまつわるところだけ.

アーネムの橋

アーネムはヘルダーラント州(Provincie Gelderland)の州都でライン川に沿った美しい町.人口142,162(中央統計局2006年3月1日),面積101.53平方キロメートル.

第二次世界大戦中の1944年9月17日から,連合軍側のマーケット・ガーデン作戦の一環としてイギリスとポーランドの空挺部隊が投入され,ドイツ軍との間で激しい戦闘が起きたため町の大きな部分が破壊されましたが,戦後復興し公園都市(Parkstad)にふさわしい姿を取り戻しました.

ライアンの原作「遠すぎた橋」によりマーケット・ガーデン作戦を描いた同名の映画の題名にもなった橋は当時ライン橋(Rijnbrug)呼ばれており,また鉄道橋(spoorbrug)に対して道路交通橋(verkeersbrug)とも呼ばれていました.この橋の北詰を一時占拠しながら数日後にドイツ軍に投降せざるを得なかったイギリス軍の一部隊の指揮官の名前をとって1978年9月16日にジョンフロスト橋(John Frost Brug)と改名されています.映画のほうは1977年に公開されていて,1976年からオランダに滞在していたわたしはアムステルダムのタシンスキ館で観ました.となりに座った見知らぬイギリス人が,ドイツの将軍のせりふが理解できず字幕のオランダ語も読めないため,わたしに何で観客が笑ったのか聞くのには閉口した.

ところで町の中心を流れるライン川ですが,全長1200キロメートル以上もあり6カ国を流れる川なので地方により呼び名も違い,アーネムを流れている部分はネーダーライン(ネーデルライン,De Nederrijn)という.下ライン川というような意味.ライン川がオランダに流れ込んでからアーネムに至るまでの間に3つの流れに分かれ,いちばん南のワール川(De Waal)が水量の3分の2はもっていく.よくライン川は北海に流れ込むといいますが,アーネムの直前で北に分かれていくアイセル川(De IJssel)はアイセル湖に流れ込んでしまいます.

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年5月22日 (月)

祖母を病院に送った幼児

検察庁交通維持局のサイトから送られてきたニュースレターにあった.
Peuter rijdt oma het ziekenhuis inという記事.

「幼児,おばあちゃんを病院に送る」とでも訳せばよいのでしょうか.ドイツで母親がエンジンのキーを差しはなしにした車で遊んでいた2歳半の幼児が,遊んでいるうちに偶然車を発進させ,衝突された祖母が重傷を負って病院に運ばれたというニュース.これが堅い(?)検察庁のサイトから送られてくるところが面白い.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

elfstedentocht 11市周遊スケートマラソン

エルフステーデトホト

もう10年近く開催されていない11市周遊スケートマラソン. フリースラントの11の町と村を結ぶ200kmのレースです.

20世紀の初めに始まって15回開催されました.ルートになる運河や小川が十分凍ってくれないと開催できないので不定期.

オランダへのキーワード AからZまで」の項目をしばらくぶりに更新しました.リンク先の変更などがあったため.

Digitale Regio Friesland の旧サイトからは公式サイトへのリンクがあったのですが,新サイトにはない.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

Ayaan Hirsi Ali 議員辞職

アヤーン・ヒルシ・アリという名前を聴いたことがある日本人が何人くらいいるでしょう? でもちゃんとブログで取り上げている方はいた(傷つける権利--アヤーン・ヒルシ・アリ議員会見,2006年2月16日).

ソマリア生まれの亡命者でオランダの国会議員という経歴がまず日本では考えにくいわけですが,さらに「元」イスラム教と名乗って,イスラム教の批判を繰り返し行い,生命の危険にさらされていた.

彼女は5月16日声明を発表し,国会議員を辞職してオランダを去ると述べました.理由は様々ありますが直接の引き金になったのは移民局長官フェルドンク女史が「アヤーン・ヒルシ・アリ議員はオランダ国籍を持たない」と発表したこと.

アヤーン・ヒルシ・アリ議員の辞職声明の全文は所属していた自由民主国民党(VVD)のサイトにあります.

ウィキペディアのオランダ語版は当然ながら,英語版もかなり長文の項目を掲載しており,今日の時点で既に辞職の事実を反映させているなど,熱心にフォローしています.

リンク:
Ayaan Hirsi Ali - Wikipedia, the free encyclopedia.
Ayaan Hirsi Ali - オランダ語版Wikipedia.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京駅とアムステルダム中央駅

すっかり出遅れてしまったのですが,去る4月11日に東京駅とアムステルダム中央駅は姉妹駅になったのでした. オランダ大使館のウェブサイトには「ともに赤レンガ造りで、構造や機能がよく似ている両駅が姉妹駅となることが決まりました」とありました.

アムステルダム中央駅は「8687本の杭を打ち込んで造られた人口の島の上に建っています」とのこと.

「日本(語)のオランダ」の「オランダ・キーワードAからZ 」にアムステルダム中央駅は東京駅のモデルではないとする記事があります.

リンク:
1.東京駅とアムステルダム中央駅が姉妹駅に(オランダ大使館)
2.オランダ政府観光局ニュース旅行業界版4月号の関連記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

画家カレル・アペル亡くなる

オランダの代表的な現代画家カレル・アペル氏が5月3日に85歳で亡くなりました.

第二次世界大戦直後の芸術運動コブラ(CoBrA: Copenhagen, Brussel, Amsterdam)の主要メンバーでした.

リンク:

  1. nrc.nl - Kunst & Film - De schilder die zijn hart op het doek smeet.
  2. Karel Appel@nl.wikipedia.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

meivakantie 五月休暇

メイファカンシー

オランダでは四季それぞれにある学校休暇(schoolvakantie)の一つ.五月の初めを中心にした1,2週間のお休みで,女王の日(4月30日),解放記念日(5月5日)などと重なるように設定されているため,日本のゴールデンウィークとも重なっています.面白いことにその長さは復活祭休暇(Paasvakantie)と合わせて決めるらしい.どちらかが長ければ他方は短くなる.

このほかの学校休暇は夏休み(オランダでは6週間,フラーンデレンでは2ヶ月),秋休み,クリスマス休み(2週間)で,オランダでは全国を3つの区域にわけ,時期をなるべくずらすようにしています(vakantiespreiding).道路や休養先の混雑を避けるためとのこと.

リンク: Meivakantie - Wikipedia.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

インドネシアの作家プラムディヤ氏死去

四国新聞社のニュースサイトに,ノーベル文学賞の候補にもたびたびなったという,インドネシアの作家プラムディヤ・アナンタ・トゥール(Pramoedya Ananta Toer)氏の訃報が載りました.81歳.ジャカルタ共同の記事で香川県ニュースとなっているのには何かわけもありそうですが,いまのところ不明.ちなみに亡くなったのは昨日ですが,日本語版Wikipediaにはそのことが今日もう反映されていた.速い!

第二次大戦中は日本の同盟通信ジャカルタ支局に勤務,戦後は対オランダ独立戦争に参加してオランダ軍の捕虜となったという経歴の持ち主.1950年ごろから作家として活動されていた.

リンク:

  1. プラムディヤ氏死去/インドネシアの作家-四国新聞社-香川県ニュース.
  2. Pramoedya Ananta Toer page
  3. Pramoedya Ananta Toer (オランダ語)
  4. 学校生徒のためのサイト schoieren.com に掲載されたsabineという生徒による "Bukan pasarmalam / Een koude kermis" の読書レポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »