« ヘンミィの墓修復完了 | トップページ | 葬儀に関する一切サイト »

2006年4月 1日 (土)

terp テルプ

terp (複:terpen)

テルプは立派なオランダ語ですが,もともとはフリースラント語で「集落」「村」を意味していたらしい.「塚」と訳したらいいのか,訳せないところがオランダ語らしいのか.

要するに人工の小高い丘で,もともとは増水したときの逃げ場だった.

やがてその上に家を建てたり(huisterp),村ができたり(dorpterp).この意味でテルプが使われるのはフリースラントに多く,フローニンゲンでは wierde (複:wierden),また werf と呼ぶ地方もあります(たとえば北ホーラント州のマルケン島).ベルギーでは wal, moot, werf,北ドイツでは Warft.

wierdeはあちこちで地名(の一部)になっていて,フリースラント州の首都 Leeuwarden の warden も wierde が変化したもの.Leeuwarden のほかには,Dokkum, Harlingen などもterpdorp から発展したと言われています.

詳しくは>>

|

« ヘンミィの墓修復完了 | トップページ | 葬儀に関する一切サイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112427/9382594

この記事へのトラックバック一覧です: terp テルプ:

« ヘンミィの墓修復完了 | トップページ | 葬儀に関する一切サイト »