« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

子供フレンドリな町ランキング

最近発表された調査「数字で見る子供たち(Kinderen in Tel)」によれば,オランダでも大都市は子供や青少年の成長に望ましい場所ではなくなっています.若年失業率,犯罪統計,教育,遊び場面積といった12の基準でオランダの全市町村467をランキングしたところ,ワースト5は,ロッテルダム,ハーリンゲン(Harlingen),ハーグ,アムステルダム,そしてアーネムで,大都市は軒並みアウト.

で,肝心の子供フレンドリな町トップ5は:

1.ローゼンダール(Rozendaal
2.ナールデン(Naarden
3.ブニック(Bunnik
4.中デルフラント(Midden-Delfland
5.テスヘンリンク(島,Terschelling

ワーストのほうは誰でも知っている大都市がほとんどですが,ベスト5は小さな町なので,初めて聴く方も多そうです.五稜郭の本家ナールデンや,フリースラント諸島のテスヘリンクは観光客も訪れる機会があるかもしれません.ブニックとミッデン・デルフラントは良く知らない.注目すべきは頂点に立ったローゼンダールで,ワーストの第5位に入ってしまったアンスとわたしの帰省先アーネムの隣町というか,ほとんど郊外.びっくり噴水で知られるローゼンダール城があります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

情熱は赤いか

060224a1

23日のDaily Yomiuri に載っていた写真.

AP配信で「オレンジ色の情熱 (orange passion) 」  というタイトルが付いています.キャプションには「オランダのファンは会場でやかましくも熱烈な存在感を維持し続けた (The Dutch fan maintained a loud and enthusiastic presence at the venue ...)  」 と.

この連中,声は大きいものの別にマナーが悪いわけではない.自国の選手だけでなく立派な成績を残した勝者には喝采を,不当と思われる審判の裁定には派手なブーイングを,他人に押されて転倒した不運な選手には暖かく慰めの声援を送り続けた.テレビの画面では観客席の半分を占めているようにも見えたオレンジ色の応援団.オーバル・リンゴットに棲み着いているかに見えた彼らの存在がなければ,トリノ・オリンピックのスピードスケートの雰囲気はずいぶん違うものになったろうと思われます.

この応援団,国際社会における小国オランダの存在感を象徴しているようでもありました.

ちなみに写真のサポーターがかぶっている王冠はオランダ皇太子とマクシマ妃の結婚式の機会に出回ったもののリサイクルらしい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

Marianne Timmer 1000mで優勝

日本ほどではないにしても,応援団以外ちょっと元気がないように見えるトリノのオランダチーム.きのう眠りにつこうかという頃になってマリアンネ・ティンマー(放送ではティメル)が決勝に出ることを知り,つい終わりまで見てしまいました.長野以来8年ぶりの金に嬉しそうだった.オレンジ色の大応援団も大喜び.

ファンサイト:

http://www.mariannetimmer.demon.nl/

http://members.chello.nl/abogaard/timmer/timmer.htm

その他のリンク:

似顔絵

長野ではゴールしたあと力つきて氷上にのびている姿がメディアを飾った.http://www.nrc.nl/W2/Nieuws/1998/02/16/inhoud.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

ロンドンでロイスダールの展覧会

2月25日から6月4日までロンドンのRoyal Academy of Artsヤーコプ・ファンライスダール(ロイスダール)の展覧会Jacob van Ruisdael: master of landscapeが開催されます.

van Ruisdael の発音はSchuffelenさんのVermeerページMP3ファイルで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

「教会装飾本の3世紀」展

CODARTのニュースレターによれば,アムステルダムの聖書博物館Bijbels Museumで来る2月19日から6月4日まで「日曜日の銀:教会装飾本の3世紀」展が開催されます.1650年から 1900年頃までに使われた,プロテスタント,カトリック,およびユダヤ教の聖書や賛美歌本,祈祷書など装飾本200点近くが展示されるとのこと.展示品の多くはvan Noordwijk コレクションの私家蔵のもの.

Bijbels Museum
Herengracht 366-368
Amsterdam
Netherlands

T +31 20 6242 436
F +31 20 624 83 55
E info@bijbelsmuseum.nl

リンク:

1. The CODART List - Zondags zilver: drie eeuwen versierde kerkboekjes (Sunday silver: three centuries of decorated church books).

2. Bijbelsmuseum

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

オランダで運転免許を取る

CBR,中央運転技能認証局(?)は,あなたが交通法規を知っているか,また自動車を運転することが出来るか,をテストする政府機関です.CBRから市役所で運転免許証を申請するために必要な書類をもらいます.

原文:Het Centraal Bureau Rijvaardigheidsbewijzen (CBR) is de overheidsorganisatie die toetst of je de verkeersregels kent en of je kan autorijden. Van het CBR krijg je het 'papiertje' waarmee je op het gemeentehuis je rijbewijs kunt aanvragen.

オランダで「学ぶ」ことならなんでも教えてくれる
Leren.nlの運転免許試験についてのページから.

免許取得のステップは:

1.教習所を選ぶ
Kies een rijschool.
2.教習所かCBRで理論テストのチケットを購入する
Koop een theorie-examenkaart bij je rijschool of bij het CBR
3.市役所で身分証明書類をもらう
Haal een afschrift van je persoonsgegevens bij het gemeentehuis
4.必要なら教習所で理論テスト用の講習を受ける(これは義務ではない)
Volg eventueel theorieles bij je rijschool (dit is niet verplicht).
5.理論テストを受ける
Doe het theorie examen
6.運転講習を受ける
Neem rijles.
7.教習所,CBR,または市役所で運転適性証明書(eigen verklaring, 「自己証明」,健康状態などを答える)の用紙を購入し,必要事項を記入する
Koop een eigen verklaring bij je rijschool, het CBR of de gemeente. Vul deze in.
8.実技試験の受験を申し込み,合格する
Vraag het praktijk examen aan en zorg dat je slaagt :-)
9.CBRの証明書類を持って市役所に行き運転免許証を請求する
Ga met de verklaringen van het CBR naar het gemeentehuis en vraag je rijbewijs aan.

.リンク:
1.CBR: theorieexamen en rijexamen rijbewijs.この記事の引用もと.

2.CBRのサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

オランダ水牛

印鑑の材料に使われるオランダ水牛はオランダ産でもなければ水牛でもないらしい.

リンク: カヌカ印房はんこQ&A.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

ちょっとしゃれたデザインのサイト:Tante Tini

Tante Tini (ティニおばさん)はアムステルダムに店を持つ手作りの靴屋さんらしい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オランダ・フランドル絵画研究の夏期大学

Study Dutch art where it was made! Introduction to the study of 17th-century Dutch art in the Netherlands - Museums with Dutch art and Flemish art.

オランダ絵画の研究者や大学院生を対象にしたサマースクールのご案内が載っています.10日間,900ユーロ.履歴書や参加意図を提出して25名が選抜される.5月1日申し込み締め切り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

フィリシェーブ消滅(NRC Handelsblad)

2月1日付のNRC Handelsblad紙の記事によれば,フィリップス社(Philips)のシェーバーに使われてきたフィリシェーブ(Philishave)という呼び名が消滅するそうです.ブランドの統一化を図るため.

フィリシェーブの第1号は1939年にアイントホーフェン(Eindhoven)で製造され,以来67年にわたり世界中で累計4億セット(400 miljoen exemplaren)以上販売されてきたとのこと.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »