« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月27日 (金)

国歌ウィルヘルムス

(Wilhelmus)

リンク先にかなり異動があったので更新.
ウィルヘルムスは現存する世界中の国歌の中で一番古いというオランダ国歌.歌詞は1570年頃.曲は以前からあったものの,記譜はやはり1570年頃.歌詞は君が代のほうが古い,とオランダ人もよく書いている.

15番からなる歌詞のそれぞれは WILLEM VAN NASSOV(Willem van Nassau の昔の綴り,つまりオレンジ(オラニエ)公ナッソーのウィレム,人呼んで沈黙公のフルネーム)の各文字から始まっています.今日唱われるのは1番と6番だけ.

音声ファイルへのリンクなども含め詳しくは: Wilhelmus.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲酒運転の取締が厳しく

2006年元旦から,オランダの飲酒運転取締がより厳しくなりました.とりわけ24才未満で二輪車を運転する人と,2003年3月以降運転免許を取得したひとは,血液中に0.2‰(パーミル)以上のアルコールが含まれていたら運転してはいけない.糖分を摂取すると血液中に多少のアルコール分は生じるので1%の50分の1というこの数字は事実上「飲んだら運転するな」ということを表している.

検察庁の交通維持局がわざわざホームページalcohollimiet.nlを作って広報に勤めているけれど,見に来る人がいるのかな.若者向けのわかりやすいオランダ語で書かれているので,オランダ語読解の教材には良さそう.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

CODART: Dutch and Flemish art in museums

CODARTはオランダとフランドルの作品に関わる美術館の学芸員たちのネットワーク.

レンブラント生誕400周年の今年,世界中で開催される記念行事の
カレンダーも.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Big Brother刑務所

24日のDaily Yomiuriに掲載されたAP配信アムステルダム発の記事.

レーリィスタット(Lelystad)に先週開所したハイテク監獄では,電子装置を埋め込んだ腕輪をつけた囚人たちが,感情認識ソフトウェアで管理されているということです.

当局によれば,能率的・経済的で,収監者の基本的人権にも配慮した「これからの刑務所」とのこと.6人1組の監房に分かれた受刑者は,料理や洗濯を自分たちでするほか,日々の活動をベッド脇のタッチスクリーンで予約する.運動とか薬物濫用についての授業とか.

自由を奪われることが最大の罰とはいうものの,衣食住の中では住を尊ぶオランダで,これまでも暮らしやすい刑務所は常に満杯状態だったはず.この未来型刑務所は徹底したサイバー設備の利用で省力化を実現したようです.監房の中には監視カメラはなく,マイクが拾った音を分析して収監者の感情状態をモニターし,受刑者同士の喧嘩などに対処するらしい.

オランダのメディアが付けたニックネーム「Big Brother刑務所」は,オーウェルの小説(「George Orwell, 1984」)ではなくテレビの人気番組から.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

Arnhem links

リンク:

Pictures of Arnhem - The Netherlands - Pictures, photography and images of Arnhem Holland Gelderland.

 アンスの生まれ故郷,アーネムの写真集.

VVV Arnhem.

 アーネム・ナイメーヘン方面の地域観光局のサイト.

 自転車や徒歩でまわるツアーの案内なども.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

for comments and questions

"Dutch Connection"または 「日本(語)のオランダ」 に記事に関するコメント・ご質問は,このメッセージへのコメントとしてお寄せ下さい.

また,私へのメールはこちらでお受けします.

Thanks for your visit. Your comments and questions are welcome either here or in my personal mailbox. There are 4 boxes on the mailbox page; please type your name in the top box, your e-mail address in the 2nd and 3rd (for confirmation) and write your message  in the bottom box., then click the send button once. Thank you. jasje

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

人名の読み方:Bob Steevensz

翻訳がお仕事の東出顕子さんから人名の読み方についてのご質問をいただきました.Bob Steevensz.現代人なので "-sz" が ""-szoon" の省略形ではないことは明らかなのですが...

たぶん,ボブ・ステーフェンスくらいでいいと思う.

東出さんからはこの回答で役に立ったとのフィードバックをいただきました.

「本人に何て発音するんですか? と聞きたいのはやまやまでも何と表現したらいいのやら、向こうも何と答えていいのやらではないか......と躊躇していました。それに今回の本は世界中から60話以上のストーリーが集まっていて、各国語の固有名詞のカタカナ表記にはほんとうに悩みました。おかげさまでオランダもクリアです。」

とのこと.

ご質問と回答はこのメッセージのコメントとして記録されています.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

DAREnet

オランダの大学の研究成果を全てネット上で公開しようというプロジェクト.
リンク: DAREnet.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WAOからWIAへ

WAO(Wet op de Arbeidsongeschiktheidsverzekering, 労働者障害保健法)にかわって2006年から(正式には2005年12月29日) WIA(Wet Werk en Inkomen naar Arbeidsvermogen)が施行されました.直訳すると「労働能力に見合った仕事と収入」という名前のついたこの法律,出来る範囲で仕事をしましょう,「何が出来なくなってしまったかではなく,何がまだ出来るか」に力点が置かれている,という.社会・雇用省のサイトにあるWerken aan Vermogen がその広報ページ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »