« NRC Handelsblad記事:オランダの堤防も不十分 - Binnenland: Niet elke dijk zal zich aan de wet houden | トップページ | シンタクラース »

2005年11月 9日 (水)

NRC Handelsblad記事:夕べの鐘とは

11月8日付のウェブ版NRC Handelsblad紙トップ記事の見出しは,Avondklok tegen rellen in Franse steden.文字通りなら「夕べの鐘」(ヴェーチェルヌィ・ズヴォンという美しいロシア民謡がありますね)ということになるアーフォントクロック,ここでは(夜間)外出禁止令という意味です.オランダではcurfewという英語もそのまま使われる.12夜にわたって続いているフランス各都市の暴動に対して,フランス政府が深夜の外出禁止令を決めたという報道.アルジェリア独立戦争さなかの1955年に出来た法律に基づくものだとか.

 ファンダーレの「外国語としてのオランダ語」(Nederlands als tweede taal)辞典にはavondklok もcurfewも採録されていない.

|

« NRC Handelsblad記事:オランダの堤防も不十分 - Binnenland: Niet elke dijk zal zich aan de wet houden | トップページ | シンタクラース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112427/6991682

この記事へのトラックバック一覧です: NRC Handelsblad記事:夕べの鐘とは:

« NRC Handelsblad記事:オランダの堤防も不十分 - Binnenland: Niet elke dijk zal zich aan de wet houden | トップページ | シンタクラース »